HPEの3parを活用する

ビジネスではインターネットを活用することが当たり前の時代となり、そのためにサーバーの性能を見極めることが重要となっています。



今注目されているのがHPEの3parです。

T-SITE情報を集めました。

このサーバーはオールフラッシュのソリッドステートディスクで構成されています。
可動部分がないことから、耐久性に優れており、低消費電力が特徴となっています。もちろん、サーバーとしての性能にも問題はありません。


使用する用途に応じて、3parはいろいろな構成方法ができます。ディスク容量を増やすにはユニットを追加するだけでいいのです。
もちろん、その性能は内部を見ればわかるのですが、一般ユーザーには関係ないことでしょう。

どのようなサーバーを活用するかはサーバーを管理している業者や担当部門の役割だからです。
ただ、サーバーの応答速度が低下すると、いろいろなところに影響が出てきます。
コンパクトで低消費電力であっても性能が低下すればサーバーとしての利用価値は低下するのです。
3parにはいろいろな仕組みが施されていますから、自分たちが活用するための目的に合わせて、システムを構成することができます。
また、将来の機能増強も柔軟に対応することができるようになっています。



これから新たなサーバーの導入を検討しているのであれば、3parは最有力候補と考えていいでしょう。スペックだけですべてがわかるわけではありませんが、多くの企業での導入実績がその実力を証明しています。